nexdsd JAPAN 性分化疾患情報サイト

体の性の様々な発達(性分化疾患)に関する情報を発信します。

「私は女性です。男性型の染色体を持っています」

 先にご紹介したBBCのドキュメンタリープログラム「ミー・マイセックス&アイ」に出演していた、完全性アンドロゲン不応症を持つ女性ケイティさんの、アメリカのファッション雑誌「Marie Claireマリ・クレール)」2010年8月号に寄せられたライフストーリーをご紹介します。

性分化疾患とは、「染色体、生殖腺、もしくは解剖学的に性の発達が先天的に非定型的である状態」のことで、「男でも女でもない」「中性」「第3の性」のことや、性同一性障害トランスジェンダーの人々、性自認のことではありません。)


   
「私は女性です。男性型の染色体を持っています」


 5年生の時です。私はテレビで生理用品のコマーシャルを見ました。ほとんどの10歳の子と同じように、私も生理用品のことなんて聞いたことがありませんでした。でも私の場合、母に、あれって何?と聞くと、母は泣き始めたのです。


 皆さんは自分の娘に、その子が生理用品を必要とすることがないだろうって、どんな風に言いますか?この子には生理がない、子どもも持てない、そしてそれは、この子が他の女の子と何か違っている、ほんの一部に過ぎないんだということを。


 外から見れば、ピッツバーグの郊外でテレビを見ている小さな子どもに、他の女の子と何かが違うところなんてありません。私は昔から女の子っぽかったし、ハロウィンには、キラキラのピンク色のドレスに、フェルト生地のプードルスカートをはいて、かわいいお化粧をすることで頭がいっぱいでした。
   

続きはこちらのサイトへ

ケイティさんとそのご家族が出演されたドキュメンタリーはこちらです。


ケイティさんの出演したドキュメンタリーについてはこちら
完全性アンドロゲン不応症を持つ娘さんを育てたお母さんのインタビューはこちら
完全性アンドロゲン不応症を持つカレンさんのパーソナルストーリーはこちら
アンドロゲン不応症についての説明はこちら
アンドロゲン不応症を持つ女性のための、日本のサポートグループはこちらです