nexdsd JAPAN 性分化疾患情報サイト

体の性の様々な発達(性分化疾患)に関する情報を発信します。

(6−1)6歳から11歳頃まで(小学校の頃)

ここでご紹介しているハンドブックはアメリカで作成されたものです。欧米と日本とでは文化差や、子どもの発達・成熟には大きな違いがあります。必ずしも、ここに書いてあることが正解ということにはなりません。欧米でも指摘されていますが、最も大切なのはお子さん個々の理解力の発達やご家族の状況です。話すか話さないかということも含めて、その答えはそれぞれのご家庭によって異なります。その上で読んでいただければと思います。


 児童期(6歳から11歳頃まで)の子どもは、精神的能力、肉体的能力、ことばの能力、自己コントロール、友達との友情、そして社会的能力で、更に成長し続けます。一般的には、この頃の子どもは論理的に考えることができるようになり、現実と空想の区別もつくようになっていきます。問題を解決する力も身につけていき、集中力も続くようになり、時間や自分の周りの世界も意識しはじめ、物事を準備したり計画したりすることを覚えていきます。

 この時期になると、子どもは少しずつ親への甘えから脱却していきます。とりあえずの期間は、親がいない代わりに、毛布や動物のぬいぐるみを使って、自分を安心させようとすることもあるでしょう。けれども、小学校に通うようになると、親ばかりだけの状態から、自分の友だちも信頼するようになっていきます。この変化は、お子さんが更に自信を持てるようになっている証拠でしょう。これは皆さんが親として立派な仕事を成し遂げたという証拠でもありますので、安堵するべきことなのです。ですが、ご両親にとっての思いは、逆のことが多いでしょう。子どもが成長し親から離れはじめると、多くの親御さんは、自分自身にも子どもにも不安を感じるようになります。これは特に、子どもが性分化疾患のような何らかの疾患を持つ場合、よくあることです。子どもが成長するにつれ、親は不安が大きくなり、子どもを守らんと、子どもの活動を制限しようとするかもしれません。これでは、親も子どももストレスがたまる原因になってしまいます。大切なのは、皆さんが、お子さんと自分自身のこのような変化に、まず気がつくことです。こういう状況に対処したいとお考えなら、カウンセリングなども助けになるでしょう。他の親御さんと話をすることも助けになります。

 同年代の友達との友情や友達関係は、この発達段階の子どもにとって、とても大事なものです。自分は友だちからどのように見られているか、子どもにとっては更にとても重要なことになっていきます。この時期の子どもはグループを作りはじめ、そのグループを通してそれぞれ自分自身の立場を明確にしていきます。この年代の多くのグループは性別の違いを基本にしており、男の子と女の子それぞれにとってどのようなことが「適切」なのか、たくさんのメッセージを受け取っていくのです。一般的には児童期のあいだは、女の子は女の子同士で遊び、男の子は男の子同士で遊びますが、これはいつもそうというわけではありません。皆さんのお子さんも、自分が一番心地いいと思う友達と一緒にいることを選ぶようになるでしょう。

 この発達段階でも、お子さんの性自認に関する表現について、お子さんを安心させ、支持しつづけることが大切です。ここでも、お子さんにとって普通であることが、お子さんにとっての普通なのだということを忘れないでください。それがたとえ、他の人にとってはそうでなくても。お子さんは皆さんの愛情と受け止めから力を得るのです。

 小学校の間は、子どもにとっては難しい時期にもなりえます。この年代のグループでは、子どもは更に、友達から自分がどんなふうに見られるかとても意識するようになります。この時期の子どもの自己感覚や自尊心のほとんどは、自分が友達からどう見られるかによって形づくられます。中には、友達に受け入れられなかったり、友達の中に溶け込めてるように感じられなくて、難しさを感じる子どももいます。ですがこれは、同じ年代の他の子どもと違うところを持っているかどうかに関係なく、すべての子どもに起こりうることです。

 お子さんがそういう難しさを感じているとしても、それは必ずしも現実を反映しているとは限りません。実際には周りの子どもが仲間はずれにしていなくても、この子は自分たちと違うと見ていなくても、子どもの中には、強く「自分は違う」というとても強い思いを持つ子どもがいます。このような場合は、親御さんがどれだけ子どもをサポートしようとしても、子どもは不安に思い続けて、親御さんがもどかしくなるということもあります。ここでも大事なのは、皆さんがお子さんにできることについて、現実的な感覚を持つことです。皆さんは、お子さんの不安や悲しい思いの全部を消し去ることはできないのだということを思い出してください。ご自身のそういう思いだって、皆さんは全て消し去ることはできないでしょう。もしお子さんがそういう思いを抱えていると感じられるなら、ご自身だけで抱え込むのではなく、お子さんの担当医師や、メンタルヘルスの専門家、サポートグループを利用するようにしてください。皆さんがひとり孤独に葛藤することがないよう、お子さんを支援するネットワークを作っていくようにするのです。