nexdsd JAPAN 性分化疾患:家族のためのハンドブック

Consortium on the Management of DSDが発行している「性分化疾患:家族のためのハンドブック」の翻訳など、性に関する様々な体の発達状態を持つ人々と家族の方々をサポートできる情報をお送りします。

べヴ・ミルさんの思い

べヴ・ミルさんの思い

 15歳のとき、自分の子どもは持てないだろうことが分かりました。私は「子宮が変形していて膣が短く、結婚するときには膣を拡張せねばならない」。そう母と私は言われたのです。母はその日のこと、私の体の状態について話すことは全くありませんでした。真実を知ったのは44歳になってからです。完全型アンドロゲン不応症でした。母と私のあの時の心の傷を乗り越えていけるような情報が少しでもあれば、どれだけ良かったでしょう。こういうハンドブックがあれば、ちゃんと体の状態を理解して受け止めていくこともできたと思います。当時はこういうものがなくて、乗り越えて行くのに全人生をかけねばなりませんでした。