読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nexdsd JAPAN 性分化疾患:家族のためのハンドブック

Consortium on the Management of DSDが発行している「性分化疾患:家族のためのハンドブック」の翻訳など、性に関する様々な体の発達状態を持つ人々と家族の方々をサポートできる情報をお送りします。

性分化疾患について(2)

性分化疾患の頻度はどれくらいですか?

 実はこの質問に正確に答えることはできません。理由は3つあります。(1)性分化疾患についての中心的な統計というものはなく、どれほどの人が診断されているかははっきり言えないから。(2)性分化疾患を持って生まれた人でも、性分化疾患と診断されていないこともあり、診断された人の数を数えても、本当の人数とはならないから。(3)お医者さんの中でも、ある体の状態を「性分化疾患」として数える人もいれば、体の性の変異のヴァリエーションのひとつとして数える人もいるから。大きなクリトリスや小さなペニスを性分化疾患に数えるお医者さんもいれば、そのような状態を性分化疾患に数えないお医者さんもいます。実際のところ、どのような状態までを数に加えるか簡単に答えることはできません。