読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nexdsd JAPAN 性分化疾患:家族のためのハンドブック

Consortium on the Management of DSDが発行している「性分化疾患:家族のためのハンドブック」の翻訳など、性に関する様々な体の発達状態を持つ人々と家族の方々をサポートできる情報をお送りします。

外性器はどのように発達していくか?

外性器はどのように発達していくか?

 図5.1「生まれる前の外性器の発達」は、出産前(子宮の中で)、外性器がどのように発達していくかを表したものです。上から1番目と2番目の図は、受胎後7週間、すべての人が同じ基本的な生殖器の構造から発達が始まることを示しています。この後外性器は、男性特有のタイプ、女性特有のタイプ、もしくは見た目だけでは男性・女性どちらか分かりにくいタイプに分化していきます。

 図の左側は、男性のほとんどがどのように発達していくかを示したもので、図の右側は、女性のほとんどの発達を示しています。性分化疾患を持った子どもの中には、男性特有のものとも女性特有のものとも、はっきりとは言えない外性器の形で生まれてくることがあります。(性分化疾患を持つ子ども全員が、見た目だけでは性別が分からない外性器の状態で生まれてくるわけではないことは覚えておいてください。性分化疾患を持つ人には、その状態が、内性器や内分泌、遺伝子のみという人もいます)。もし子どもが、見た目だけでは性別がすぐには分かりにくい外性器の状態を持っている、もしくは、外性器はどちらかの性別に特有のものではあるけれども、内性器がその性別に一致しないという場合、出生前に何かが起きて、男の子もしくは女の子の体の性の発達が、あまり一般的ではない筋道となったからです。


 男の子の外性器と女の子の外性器は、(受精後7週間は)見た目が同じところから始まり、ホルモンの影響でそれぞれ違った発達の仕方をしていきます。もし胎児が通常よりもずっと多いある特定のホルモンの暴露を受けた場合、あるいは体の方がそのホルモンに通常よりも大きく反応するか、通常よりもほとんど反応しないという場合、見た目だけでは性別が分かりにくい外性器の状態となっていくのです。


図5.1. 生まれる前の外性器の発達



図5.2. 様々な外性器の形

 この図は、子どもが生まれた時に外性器の見た目にどのようなものがあるかを示した図です。男の子のほとんどは、1番の図のような形の外性器で生まれてきます。また女の子のほとんどは、6番の図のような形の外性器で生まれてきます。そして、他の図のような形の外性器の状態で生まれてくる子どももいるのです。