nexdsd JAPAN 性分化疾患:家族のためのハンドブック

Consortium on the Management of DSDが発行している「性分化疾患:家族のためのハンドブック」の翻訳など、性に関する様々な体の発達状態を持つ人々と家族の方々をサポートできる情報をお送りします。

ネクスDSDジャパン 「私のMRKHストーリー」

 私のMRKHストーリー(MRKH:性分化疾患) - YouTube

 

ネクスDSDジャパン動画サイト、「DSDを持つ人々のサポートムービー」に、MRKHを持つ女性クリスティンさんのセルフビデオ「私のMRKHストーリー」日本語字幕版をアップしました!MRKHについて自分が思うこと、悩んだことを、ですがコミカルにつづっていらっしゃいます。

クリスティンさんはアメリカのテレビ番組「ザ・ドクターズ」にも出演され、ご自身のことを話されています。

f:id:DSDhandbook:20140223124945p:plain

The Doctors TV Show - Doctors Exclusive: Born Without a Birth Canal

 

 MRKH(メイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザー症候群)とは、女性の性分化疾患のひとつです。MRKHは、主に思春期の無月経から、膣や子宮、卵管の一部もしくは全てが無い状態であることが判明します。女性にとっては、とても心痛められることが多い体の状態です。

性分化疾患とは、「染色体、生殖腺、もしくは解剖学的に性の発達が先天的に非定型的である状態」のことで、「男でも女でもない」「中性」「第3の性」や、性同一性障害トランスジェンダーの人々、性自認のことではありません。)